青汁とは

青汁とは緑黄色野菜の搾り汁の総称で、緑色の野菜ジュースのことです。一般には青汁という商品名のもと、様々な原料、製法で各メーカーから販売されています。日本では太古の昔より植物の汁を絞って飲む健康法があったことが書物に記されていますが、近代では戦後の食糧難の時代に、栄養補給のために野菜くずの搾り汁を飲んでいたという記録が残されています。青汁は昔から九州地方ではよく飲まれてきたものの、全国的に知られるようになったのは1990年代に入ってからでした。

きっかけはテレビのバラエティー番組内で罰ゲームとして苦い青汁を飲むコーナーが話題になったことでした。青汁は苦みや青臭さゆえ、飲み辛さがあるものの、栄養満点で健康や美容に効果があるとされています。かつては、搾りたてのジュースを瓶詰にしたものや、冷凍保存した商品が多く、青汁といえば美味しくないというイメージでしたが、現在ではより飲みやすく改良された商品が数多く売り出されています。搾り汁を粉末にしたものは、他の飲み物や食事に混ぜ込むことができますし、錠剤であれば、サプリメントとして味や香りを気にすることなく飲むことができます。

このように摂取しやすい商品が出回っていることに加え、折からの健康ブームもあいまって青汁商品の消費は確実に伸びています。野菜不足に陥りやすい今日の食生活の中で、青汁はビタミンなどの栄養素を豊富に取り入れることができるだけでなく、同時に食物繊維も効率良く摂取できるので、毎日のお通じが快調になり、代謝が促進されるという効果が期待できます。

Copyright © 2014 青汁を飲んでみよう All Rights Reserved.